FC2ブログ

今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


≫ EDIT

ロードバイクにループタイを義務づけよ

▼膝(ひざ)や肘(ひじ)から出血している競技用自転車乗りは珍しくない。転倒時に地面に打ちつけられたときのケガであろう。


▼移動手段など日常利用の乗り物で、血が出るほどのケガを負うのは由々しき事態だ。大径タイヤで低速時は著しく安定性を欠く、走行特性に難があるのだ。


▼出血と隣りあわせの競技用自転車にあっては、迅速な応急手当てが不可欠だ。そこで、競技用自転車に「ループタイ」を義務づけてみてはどうか。


▼ひも状のネクタイだ。普段は喉を守る防護品として使い、緊急時には止血のための応急手当てで活用できる優れものだ。安全・安心には不可欠だ。法改正が待たれる。


競技用自転車に必須のループタイ

| 14:32 | コメント:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクにバンダナを義務づけよ

▼競技用自転車乗りはヘルメットを着用している。原付きバイクと違い、自転車には義務化されていないのにだ。ヘルメットを装着すれば、通気性がよかろうとなかろうと、頭部に熱がこもりやすい。


▼競技用自転車にあっては、せわしなくペダルを回転させることが醍醐味だ。熱量(カロリー)を大量消費するとともに、体温の上昇で頸動脈(けいどうみゃく)に近い顔面は汗まみれだ。


▼自転車の運転は、頭皮や額から滴り落ちる汗との戦いといっても過言ではない。塩分を含んだ汗が目に入れば、刺激で目を開けることが困難だ。運転の継続は危険極まりなく惨事を招く。


▼汗防止は喫緊の課題だ。そこで、競技用自転車乗りにバンダナ装着を義務づけてみてはどうか。頭部を包むように巻いて汗を吸着させるのだ。粗品のタオルでも代用できよう。法改正が待たれる。



ド派手なバンダナでキメる自転車乗り

| 22:53 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクにアームカバーを義務づけよ

▼野球の投手は、汗を吸着させるため、暑い夏でも長袖のアンダーシャツを着用している。半袖だと、腕から流れ落ちた汗で指先をすべらせ制球を乱すからだ。

▼自転車とて同じだ。特に、どぎつい前傾姿勢を強いられる競技用自転車にあっては、進行方向に向かって腕を下げているのでシリアスだ。首や肩、腕からわき出た汗が指先に一手に流れ落ちるのは火を見るより明らかだ。

▼ブレーキレバーが汗ですべって操作ができないという、最悪の事態も否定できない。ギアチェンジも含め運転操作が両手指先に集中するドロップハンドルにあっては、汗対策は喫緊の課題だ。

▼そこで競技用自転車乗りにアームカバー装着を義務づけてみてはどうか。手首や手の平まで包むことができる優れものだ。汗を起因とする悲惨な交通事故を防ぐことができよう。法改正が待たれる。

ママチャリで定番のアームカバー

| 00:05 | コメント:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自転車のLEDライトを全面禁止せよ

▼自転車のLEDライトほど不愉快極まりないものはない。ハンドルに取り付けられてた地上高はドライバーの目線と合致するため、ライトの光が目に入り安全運転に支障をきたすからだ。


▼歩行者にとっても迷惑だ。最近は競技用自転車乗りに影響されてか、ママチャリなど普通自転車でもLEDライトが主流となっている。小型でも強力な光を放つため、眩惑し危険を感じることが多々ある。


▼タチが悪いのは、ライドの角度を上向きにしてることだ。スポットライトを浴びせるがごとくハンドルを小刻みに動かし、筆者の顔を目がけて照射し続ける輩(やから)がいたので、呼び止めて注意したほどだ。


▼ライトの役割は、周囲の交通に自車の存在を示すことと路上の障害物を発見することだ。発電式ライトで十分だ。灯火が橙色(だいだいいろ)の白熱電球を義務づけてみてはどうか。法改正が待たれる。



Dynamo Light20180830
当ブログ推奨の発電式ライト

| 22:49 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歩行者に危険、車道を走るロードバイクをどうにかせよ

▼「自転車が歩道を走ると歩行者が危険にさらされる」などと、自転車の車道走行を正当化しようという輩(やから)がいる。もっともらしいことを言っているつもりかもしれないが、「安全運転はできません」と宣言しているもので身勝手極まりない。

▼実をいうと、車道を走る自転車こそが歩行者に危害を与えている。画像を見よ。自転車が信号無視をして交差点に侵入し、横断中の歩行者の安全安心をおびやかしているのだ。

▼信号が青に変わり横断歩道を渡ろうと一歩踏み出した直後や渡り終えようとした時に突然、目の前を自転車に横切られときの恐怖は図りしれない。とにもかくにも横断歩道を通行中、信号無視自転車に遭遇することが激増している。

▼スピードの出やすい競技用自転車に衝突されたら、周りが血の海となることは想像に難くない。車道との段差で速度が出しにくい歩道こそが、競技用自転車の安全走行につながる。法改正が待たれる。

逆走競技用自転車が信号無視。横断歩道を通行中の歩行者の前を横切る

| 23:27 | コメント:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT