今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


≫ EDIT

走行音の出ないロードバイクを禁じよ

▼モーターと動力併用のハイブリッド(HV)車は、走行音が静かだ。視覚障害者はじめ歩行者は、クルマが接近していることに気づくのが遅れるため、危険だという指摘がなされている。

▼自動車メーカーはすぐさま対策を講じ、疑似エンジン音を奏でる、ボタンを運転席近くに設置した。静粛性を原因とする事故事例はまだ報告されていないというが、「危険な思いをした経験がある」との声に率直に耳を傾け、企業としての社会的責任を果たしたわけだ。

▼「走行音の静かな危険な車両」として、世間を賑わしているとされる競技用自転車。原付きバイクの法定速度より早い、時速40~50キロで爆走が可能な走る凶器である。獲物を狙うチーターのように、物音を立てずに猛スピードでターゲットに近づき驚かせている。

▼競技用自転車に疑似走行音を義務づけてみてはどうか。スピードアップに比例し音量が上がるようにしてみてはどうか。周囲の嘲笑を誘う「恥ずかしい音」とし暴走をためらうようにすれば、安全に資する。法改正がまたれる。

背後から物音を立てずに接近する競技用自転車(右)

| 23:04 | コメント:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

両足が地面につかないロードバイクを禁止せよ

▼一般道を爆走する競技用自転車を見ると、サドルの位置が異様に高いことに気づく。信号待ちのとき、道路脇のブロックやガードレールに片足をのせていることから判断するに、両足が地面につかない危険な高さだ。


▼二輪車は、停止すれば安定を失うという構造上の特性を持っている。また、ふらついたとき、とっさの対応で足が地面につかなければ、転倒することは火を見るより明らかだ。


▼なぜ、競技用自転車乗りは、危険を冒してまでサドル位置を高くするのか。それは、ぺダルがこぎやすくなるためで、爆走を前提にしたポジションほかならない。


▼サーカスの曲芸でもあるまい、危険な乗り方をした自転車乗りが公道を走行している思うだけでゾッとする。危険なサドル高を全面規制すべきだ。



左足を段差ブロックにのせて停車

※参考「交通の教則」(第25改訂版)

交通の方法に関する教則(自転車関係分)昭和53年国家公安委員会告示第3号


第3章 自転車に乗る人の心得

自転車の通行方法は、特別の場合のほかは自動車と同じです。

自転車に乗るときは、特にこの章に書かれている事柄に注意しましよう。

第1節 自転車の正しい乗り方

1 乗つてはいけない場合

(1)酒を飲んだときや疲れが激しいときは、乗つてはいけません。

(2)略

(3)サドルにまたがつたときに、足先が地面に着かないような、体に合わない自転車には乗らないようにしましよう。

(4)略

(5)略

(6)略

| 22:41 | コメント:35 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクに制限速度を設けよ

▼時速50キロ程のスピードで自動車を運転中、競技用自転車に追いつかれ並走されたときは驚愕した。人力の自転車がクルマと同じ速度で走るのはスピードの出しすぎで爆走にほかならない。


▼原動機付自転車(原付バイク)の最高速度が時速30キロなのに対し、自転車には最高速度の規定がない。原付より速い速度で走行しても咎(とが)められないのは、法の不備である。


▼身体がむきだしとなる自転車は、乗員保護に乏しく危険な乗り物である。しかも、ヘルメット着用義務、バックミラー、ライト点灯、方向指示器、スピードメーター設置など、原付バイクのような保安規定がない。


▼スピードレース用に開発された競技用自転車にあっては、安全確保のため制限速度が必要だ。原付バイクの制限速度が自動車(原則、時速60キロ)の半分であることを考慮すると、時速15キロが妥当か。法改正が待たれる。


参照条文


【道交法22条】違反は6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金。過失で本条違反の行為は3カ月以下の禁固または10万円以下の罰金。

道路交通法施行令第3章第11条】原付バイクは30km/hを超える最高速度が指定されている道路であっても、30km/h以下で走行しなければならない。



スピード超過は重大事故に

| 23:38 | コメント:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自転車通学はやめよ

▼警察庁によると、2017年の交通事故死者は3694人という。前年より210人減で、69年ぶりに過去最少を更新したという。ひとえにドライバーの努力の賜物であり、今後ゼロに向けた取り組みが期待される。

▼が、悲報が入った。前橋市で8日、自転車通学の女子生徒が85歳の高齢ドライバーが運転するクルマにはねられ、意識不明の重体という痛ましい事故が起きた。

▼場所はガードレールのない歩道。クルマは反対車線から暴走して突っ込んできたという。当ブログではガードレールと段差で守られた安全な歩道の整備を訴えているところであり、誠に残念だ。

▼いずれにせよ、何が起こるかわからないのが事故のおそろしさである。特に交通量が集中し慌ただしい朝の道路は、身体がむき出しとなる自転車はあまりにも危険だ。自転車通学を改めよ。


ガードレールと段差で守られた
スクールゾーン(宇都宮市)

※参照

| 23:16 | コメント:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自転車はクルマに忖度(そんたく)せよ

▼車道というのは、クルマの走行を想定してつくられている。片側1車線の道路幅は、クルマ一台が通行するのに適したサイズであることからも明らかだ。

▼しかも、高級車に主流の「3ナンバー」幅広ボディが大衆車まで採用されている。道路幅は以前とそんなに変わらないが、クルマの横幅だけが広くなっているわけで、自転車が安全を確保できるスペースなど見当たらないのが現状だ。

▼ドライバーが運転席からみる自転車は、目線が低くくなるためか、実際の距離よりも近くに見える。自転車を追い越すときは、センターラインを大きくはみ出す必要があるなど、ハンドル操作に負担がかかっている。

▼無駄な操作をさせドライバーにストレスをかけている。車道を走る身体がむきだしとなる自転車にあっては、身の危険を感じるという恐怖と、ドライバーへの忖度(そんたく)を忘れてはならない。肝に銘じよ。

クルマと自転車の共存が厳しい日本の道路

| 23:04 | コメント:23 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT