FC2ブログ

今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイクにコクピットを義務付けよ

▼戦闘機やフォーミュラカー(F1)に代表されるように、定員一人の乗り物は狭いコクピット(操縦席)が備わっている。「コクピットに乗り込んだ乗員は、意識が高揚し操縦に集中できる」という。

▼自転車はどうか。戦闘機やF1と同じく乗車定員は1人が基本だ。ヘルメット着用義務がないばかりか、身体がむきだしの状態で運転することになり、危険と隣り合わせだ。

▼老若男女が利用できる手軽な乗り物ということで、自転車乗りは緊張感に欠ける危険運転が際立つ。スピードの出やすい危険な競技用自転車にあっては顕著だ。

▼そこで競技用自転車にコクピットを義務付けてみてはどうか。画像を見よ。乗員を包み込むボディを装着するのだ。冒頭に解説した「コクピット効果」で、安全意識が芽生えよう。法改正が待たれる。

20190521_cockpit.jpg
「コクピット」に座り安全意識を高める自転車乗り

| 22:55 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクに僧衣を義務付けよ

▼競技用自転車の運転にあたっての服装は自由だ。競輪選手を持ち出すまでもなく、半袖・短パンで肌を露出させている競技用自転車乗りが目に余る。

▼転倒時のものでおろう、ひざやひじにすり傷を追っている輩も少なくない。交通の安全の確保から、露出を減らし機能的な衣服を着用することが求められる。

▼そこで競技用自転車乗りに僧衣を義務付けてみてはどうか。僧侶が着る簡易な「布袍(ふほう)」だ。色あざやかな紫や緑など、ド派手なサイクルジャージ顔負けのラインナップをそろえる。

▼僧衣で車を運転しても、お上からお咎(とが)めはない。機能性については、蹴鞠(けまり)など激しいスポーツで実証済みだ。法改正が待たれる。

僧衣で雨の中を歩く僧侶(画像と本文は関係ありません)

| 22:44 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競技用自転車に立ち乗りを義務づけよ

▼大型トラックやダンプカーの運転席の位置は高く視界が開けている。水泳・プール施設の監視員のように、周囲の状況を見渡しながら安全を確認することができる。

▼ドロップハンドルの競技用自転車はきつい前傾姿勢を強いられる。視線は下向きで、3メートル先を見るのが限界ともいわれる。

▼しかも高角に周りを見渡すことができないのだ。歩行者の飛び出しや路上の障害物を避けることが困難など、安全運転に支障をきたしかねない。

▼そこで競技用自転車に立ち乗りを義務付けてみてはどうか(画像参照)。腰を下ろす行為を禁じるのだ。爆走に不向きな姿勢でもあるのも見逃せない。法改正が待たれる。

立ち乗りでクルマをけん制する自転車乗り

| 23:22 | コメント:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクにアルミ缶を義務付けよ

▼車輪やペダルがむきだしとなっている、自転車の加害事故は重大な結果を招く。特にスピードが出しやすい競技用自転車にあっては、歩行者への衝突事故は無慈悲だ。

▼自動車には、保安基準で歩行者への保護性能が盛り込まれている。ボンネットなどに頭部が接触した場合、衝撃が大きくなりすぎないよう、基準値を設けている。衝突被害軽減対策だ。

▼時速40キロ超で爆走が可能な競技用自転車にも、衝突被害軽減対策は必至だ。画像を見よ。アルミ缶を活用したバンパーだ。車両の前後に装着すれば、緩衝材の役割が期待できる。

▼アルミは軽量だ。車体重量に神経質な競技用自転車乗りにも受け入れられよう。衝突被害軽減が期待できる「アルミ缶バンパー」義務づけは不可避だ。法改正がまたれる。

緩衝材の役目が期待できるアルミ缶。自転車の前後に装着したい

| 22:24 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクに回転灯を義務づけよ

▼バスの安全装置として、異常時対応システム(EDSS)なるものが注目されている。ドライバーが運転中に意識を失った場合に、乗客が客席などに設置されたスイッチを押すと自動で車両が停止するものだ。

▼ハザードランプが点滅したり警告音が鳴り、周囲の車両にも異常を知らしめることができるという。脳や心臓の疾患などドライバーの健康起因による重大事故を防ぐ目的で開発されたものだ。

▼競技用自転車とて同じだ。高速ペダリングで心臓に著しく負荷をかけている。危険な車道走行による緊張感で過呼吸を引き起こすなど、乗員の健康起因による事故リスクは否定できない。

▼そこで、競技用自転車に回転灯(画像参照)を義務づけてみてはどうか。体調が思わしくない場合は回転灯を点灯させ、周囲の交通に配慮を求めるのだ。灯火色は黄色としたい。法改正が待たれる。

荷台に取り付けられた回転灯

| 22:23 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT