FC2ブログ

今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


≫ EDIT

ロードバイクよ リュックは前に抱えよ

▼競技用自転車には、自転車の生命線ともいえるカゴが備わっていない。通勤・通学や買い物利用で荷物を運べないのは、機能不全にほかならない。

▼苦肉の策として競技用自転車乗りは、リュックを使っている。リュックを背負いながら走行が不安定となりがちな自転車を運転する、という暴挙に出るのだ。

▼きつい前傾姿勢を強いられるドロップハンドル車で、背中に荷物を載せて運転すれば後ろを振り返るのに困難を伴う。上体を起こして反転させねばならず、ハンドルから片手を放す必要があり不安定だ。

▼周囲の安全確認に支障をきたしているわけで危険極まりない。荷物はカゴを取り付けて運べ。どうしてもというなら、リュックは前に抱えよ。

荷崩れでリュックが不安定な状態で運転する競技用自転車乗り

| 11:18 | コメント:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクにスペア車両を義務づけよ

▼ドロップハンドルの競技用自転車は、サーキットのような手入れが行き届いた道路での使用を前提としている。一般公道でよくみかける段差やアスファルトの亀裂、石畳の走行をすこぶる苦手とする。

▼高空気圧タイヤで乗り心地が硬い競技用自転車は、フレームへの負荷が尋常でない。軽量のカーボン素材で顕著であるが、衝撃でフロントフォークが破断だのシートポストに亀裂だのと騒ぐ始末だ。

▼レースのように「サポートカー」が追走しているわけでない。車両トラブルと背中合わせで、不安を抱えながらハンドルを握っているのだ。周囲の安全確認をする余裕が失われるなど、運転への影響が懸念される。

▼そこで競技用自転車にスペア車両の随行を義務づけてみてはどうか。画像を見よ。4輪走行で安定した走りも期待できる。法改正が待たれる。

故障に備えスペア車両を伴走

| 11:58 | コメント:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイク用ヘルメットを禁止せよ

▼競技用自転車乗りが着用しているヘルメットは、オートバイや工事現場で使用するヘルメットとは外形が明らかに異なる。蜂の巣のように穴だらけだ。頭髪が飛び出ていたり頭皮があらわになっている。


▼軽量化や通気性を確保を優先するあまり、本来の機能である頭部保護性能が置き去りにされているのだ。ビー玉ほどの大きさの飛び石が、ヘルメットをすり抜け頭部に直撃することも否定できない。


▼強度も疑問だ。打音はプラスチックと同じ響きだ。1トン超の鉄のかたまりであるクルマに踏まれたら、フルフェイスヘルメットのように安全を確保できるとは言い難い。


▼現状、自転車にはヘルメット着用義務はない。穴だらけで心もとないヘルメットをかぶり、安全運転のロードリーダー気取りをされても困る。FRP樹脂で覆われた、通学用ヘルメットに換装せよ。



隙のない通学用ヘルメットで安全に万全を期す学生

| 22:51 | コメント:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクにループタイを義務づけよ

▼膝(ひざ)や肘(ひじ)から出血している競技用自転車乗りは珍しくない。転倒時に地面に打ちつけられたときのケガであろう。


▼移動手段など日常利用の乗り物で、血が出るほどのケガを負うのは由々しき事態だ。大径タイヤで低速時は著しく安定性を欠く、走行特性に難があるのだ。


▼出血と隣りあわせの競技用自転車にあっては、迅速な応急手当てが不可欠だ。そこで、競技用自転車に「ループタイ」を義務づけてみてはどうか。


▼ひも状のネクタイだ。普段は喉を守る防護品として使い、緊急時には止血のための応急手当てで活用できる優れものだ。安全・安心には不可欠だ。法改正が待たれる。


競技用自転車に必須のループタイ

| 14:32 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロードバイクにバンダナを義務づけよ

▼競技用自転車乗りはヘルメットを着用している。原付きバイクと違い、自転車には義務化されていないのにだ。ヘルメットを装着すれば、通気性がよかろうとなかろうと、頭部に熱がこもりやすい。


▼競技用自転車にあっては、せわしなくペダルを回転させることが醍醐味だ。熱量(カロリー)を大量消費するとともに、体温の上昇で頸動脈(けいどうみゃく)に近い顔面は汗まみれだ。


▼自転車の運転は、頭皮や額から滴り落ちる汗との戦いといっても過言ではない。塩分を含んだ汗が目に入れば、刺激で目を開けることが困難だ。運転の継続は危険極まりなく惨事を招く。


▼汗防止は喫緊の課題だ。そこで、競技用自転車乗りにバンダナ装着を義務づけてみてはどうか。頭部を包むように巻いて汗を吸着させるのだ。粗品のタオルでも代用できよう。法改正が待たれる。



ド派手なバンダナでキメる自転車乗り

| 22:53 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT